乗松美奈子の 「ミナコラム」

次なるファッション都市は?注目のアートスクールがある、ヘルシンキ!

  • ファッション、アート、音楽…と分野クロスオーバーで自己表現するユニット、Ensæmbleによるパフォーマンスは、ファッション・イン・ヘルシンキの一環として開かれた。Photo: Mikko Raskinen / Aalto University

  • ゲストとしてトークショーで語っているのは、今回アールト大学ファッション部門卒業制作の審査員長も務めたマルニのアーティスティック・ディレクター、フランチェスコ・リッソ(右)。会場のアモス・レックス美術館は、コンフェレンスルームもレトロなデザイン。Photo : Mikko Raskinen / Aalto University

  • アールト大学ファッション部門の卒業審査で際立った、受賞者たちのルック。右・Ines Kallailaによるメンズ作品は、再優秀に値するナウトス19賞の栄誉を。左・Elina Heilanenを始め4人から成るグループに贈られたのは、マリメッコ賞。

  • アールト大学ファッション部門の卒業ショーでのトップバッターは、このAmina Saada。建築的なシルエットとフェミニンなディテールが、微妙なバランス感で仕上がった。

  • アールト大学ファッション部門の卒業ショーより。Amanda Ripattiの作品はトレンチコートとワークウエアを解体、融合させた、複雑ながら完成されたシルエット。

  • アールト大学ファッション部門の卒業ショーでは、すぐにでも市場で勝負できそうな作品も。右:パステルトーンでスイートな中にもちょっと奇妙なアクセントを効かせたのは、Iiris-Kamari。左:Reea Winterはアシメトリーなジャージィ・ドレスの一連を。

  • 右・アールト大学ファッション部門の卒業ショー、バックステージより。右・Anna Isoniemiはカラフル&グリッター。左・Heidi-Karjalainenはヴィヴィッドな単色で、流れるようなラインのモダンなドレスを提案。

  • アールト大学ファッション部門の顔、講師のトゥオマス・ライティネン(右から2番目)。右端はコムデギャルソンのコレクターだという彼の母、左端は姉。彼の左は現地のスタイリスト、Minttu Vesala。Photo: Minako Norimatsu

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW