新年度に向けてアップデートしたいジャケット【おしゃれなあの人の通勤スタイル vol.12】

ふと気づけば、毎日似たコーディネートに陥りがちなオフィススタイルに悩まれている方も多いのでは? 仕事にもおしゃれにも全力でいたい働くユーザーの悩み解消の一助となるべく、おしゃれな“あの人”たちの通勤スタイルのマイルールをご紹介。今回のゲストは、スタイリスト・丸林広奈さん

丸林広奈さんのジャケットを用いたファッションコーディネート
丸林さん着用:ジャケット¥49,500/マーノ、中に着たトーテムのトップス、ザ・ロウのパンツとバッグは本人私物、左上:ジャケット¥39,600/エストネーション(コラム)、右下:ジャケット¥78,100/サトル ササキ

女性誌などでスタイリストとして活躍するほか、昨年自身のブランド、マーノを立ち上げた丸林広奈さん。SNSなどで発信するスタイリングセンスは多くのフォロワーから支持を集める。今回は新年度に向けて新調したい「ジャケット」について伺った。

誰しもワードローブに一枚は持っているであろうジャケットだが、そのシーズンの空気感をうまく汲んだジャケットにアップデートすることこそが、オフィススタイルマンネリ脱却への近道。ジャケットを吟味する際のポイントを尋ねると、「ジャケットを購入する際は着用した時のシルエットとサイズ感が大切なので、可能な限り試着することが重要だと思います。私はジャケットの素材やシルエット次第で、普段のサイズから変えて購入することもあります」と話してくれた。

丸林広奈さんのジャケットを用いたファッションコーディネート
丸林さん着用:ジャケット¥45,000/マーノ、中に着たトーテムのトップス、ザ・ロウのパンツとバッグ、グッチのパンプスは本人私物

今回丸林さんが披露してくれたコーディネートのポイントは、カーディガンのような感覚でさらっと羽織える、軽さと柔らかさを兼ね備えたネイビーのジャケット。「ジャケット自体がきちんとしすぎていないので、合わせのアイテムはシャープなシルエットのものをセレクトしました。またデニムの素材感や小物で抜け感をプラスしました」と、緩急のバランスが取れたノーブルなスタイリングのポイントを語ってくれた。

“きちんと感”と“旬度”をクロスオーバーさせたジャケットスタイルを叶える最短ルートは、なんでもオンラインで手に入ってしまう時代だけれど、自分の体型に適したジャケットに出合うために、妥協せず試着を重ねることが重要になりそうだ。

1. クロップト丈で旬なシルエットを叶えて【コラム】

コラムのクロップトジャケット
ジャケット¥39,600/エストネーション(コラム)

1980年代のムード漂う、クロップト丈のジャケット。裾からはみ出した切りっぱなしのファブリックが程よい抜け感を演出する。同素材のパンツも展開があるので、TPOに応じてセットアップとしても、それぞれ単体としても着られる。梳毛のようなリュクス感漂うタッチながら、ポリエステルが入っていることによりイージーケアが叶うのもうれしいポイント。

エストネーション
https://www.estnation.co.jp/item?brand_id=633

0120-503-971

2. スモーキーなピンクで春を先取り!【サトル ササキ】

サトル ササキのジャケット
ジャケット¥78,100/サトル ササキ

オーバーサイズに仕上げた、ダブルブレストテーラードジャケット。オーストラリアのバージンウールとビスコースをブレンドし、自宅での洗濯を可能にするためにポリエステルをプラスした、働く人に寄り添った一着だ。カフスボタンの第二ボタンホールにはピンクやイエローを投入した、さりげないギミックが面白い。

サトル ササキ
https://satorusasaki.com

078-855-8250

3. 日常でアートをまとうという選択【アキラナカ】

アキラナカのジャケット
ジャケット¥143,000/ハルミ ショールーム(アキラナカ)

ダーツやポケットなどのディテール含め、ボディ全体にあしらわれたグラフィカルモチーフが黒地に映えるカラーレスジャケット。このモチーフは、職人が手作業でひとつひとつ施しており、アルチザンのムードが感じられる仕立てに。ミニマルながらシャープなシルエットはアキラナカのエスプリが宿る。

ハルミ ショールーム
https://store.akiranaka.com

03-6433-5395

4. 軽やかなリネンジャケットが主役【イン】

インのジャケット
ジャケット¥79,200/ブランドニュース(イン)

ハリ感のある高密度な100%リネン素材で仕立てられた、ダブルブレザー。まろやかなクリームカラーが春夏シーズンの軽やかなスタイルとも相性抜群だ。大きめの襟とあえてボタンをアシンメトリーに施した遊び心が、ジャケットが持つフォーマルな印象を和らげてくれる。

ブランドニュース
https://www.ihnn-design.com

03-3797-3673

5. 鮮やかなブルーをラフに羽織って【エブール フォー ロンハーマン】

エブールのジャケット
ジャケット¥61,600/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン)

シャツのようにラフに羽織える、ドロップショルダーのボクシーシルエットジャケット。バタフライピーを使用したボタニカルダイによる鮮やかななブルーは、ロンハーマン別注のシーズンカラーだ。襟は開襟シャツのようにコンパクトに仕上げ、内袖には深いスリットが入り、着こなしに合わせてボタンで留めることが可能。

ロンハーマン
https://ronherman.jp/

0120-008-752

6. 程よい透け感が黒を軽やかに演出【ポステレガント】

ポステレガントのジャケット
ジャケット¥104,500/エスケーパーズオンライン(ポステレガント)

高密度のシルクコットンシアサッカー生地を使用したシングルジャケット。糸の太さと密度を調節することで生地の凹凸感が際立ち、立体的な表情に仕上げた。軽量かつシワになりにくいのでヘビーユースでき、ドライタッチな着心地はやみつきに。

エスケーパーズオンライン
https://www.postelegant.com

03-5464-9945

7. シーンを問わないミニマルデザイン【コトナ】

コトナのジャケット
ジャケット¥85,800/アルファ PR(コトナ)

ポリエステルとウールを使用した、程よく落ち感のあるシングルジャケット。全体的にコンパクトシルエットで、襟の返り位置やボタンを高めに設定することでミニマムなデザインに仕上げた。襟のステッチのディテールがアクセントに。ベージュのほか、チャコールも展開あり。

アルファ PR
https://www.kotona.jp.net

03-5413-3546

8. トラッドとマニッシュを掛け合わせて【クリスタセヤ】

クリスタセヤのジャケット
ジャケット¥133,650/ビオトープ ジュンカスタマーセンター(クリスタセヤ)

クリスタセヤらしい、マスキュリンテイストで仕上げた落ち感のあるオーバーサイズジャケット。100%リネン素材を使用しているので、トラッドなムードで着こなしたい春先や初夏にもぴったり。同素材のボトムスも展開があるので、ルーズにセットアップで着こなしても素敵。

ビオトープ ジュンカスタマーセンター
https://cristaseya.co

0120-298-133

9. セーラージャケットをノーブルに着こなす【フミエ タナカ】

フミエ タナカのジャケット
ジャケット¥63,800/ドール(フミエ タナカ)

ネイビーが主流のセーラーカラージャケットを、今季あえてグレーとブラックの2色で製作したフミエ タナカ。ニュアンスグレーのボディと、ゴールドのボタンが上品さを際立たせてくれる。着丈はやや短めに作られているので合わせるボトムスを選ばず、すっきりとまとまるのも高ポイント。

ドール
https://fumietanaka.shop

03-4361-8240

10. スタイリスト視点の気づかいが詰まった一着【マーノ】

マーノのジャケット
ジャケット¥49,500/マーノ

スタイリスト・丸林広奈さんが昨年立ち上げたブランド、マーノの「ラウラジャケット」。ウール100%の縮絨加工が施されたメンズフラノの生地を使用し、裏地も背抜き仕立てにすることで軽さを実現した。また直接肌に触れても着心地がいいように、裏地も柔らかく肌当たりのいい生地を採用。ポケットはフラップ部分を中に入れ込んでミニマルに着ることができる。

マーノ
https://marno.life/

11. ユニークなアプローチが光る変形ジャケット【チノ】

チノのジャケット
ジャケット¥93,500/モールド(チノ)

糸節の少ないフランスリネンを使用した、スリムシルエットのジャケット。ポケット上の身ごろをすっぽりとくり抜き、その部分をフラップに見立てたデザインがアクセントに。フロントの襟部分は重ならないバランスのパターンで仕上げた。あえてほつれを残すことで、エフォートレスな雰囲気が漂う。

モールド
https://cinoh.jp

03-6805-1449

12. タフな趣を宿すブラックジャケット【カナコ サカイ】

カナコ サカイのジャケット
ジャケット¥93,500/カナコ サカイ

群馬県桐生市で織り上げた、ブランドオリジナルの生地を使用したシアーテーラードジャケット。レーヨンのハリ感、キュプラの光沢感、そしてリネンの天然の節による独特の風合いに仕上げた。ウエストシェイプされているのでスマートに着こなせる。

カナコ サカイ
https://kanakosakai.com