ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

ファッション界からも一目置かれる存在! 実力派歌手セリーヌ・ディオンの完璧すぎるキャリア

ファッション界からも一目置かれる存在! 実力派歌手セリーヌ・ディオンの完璧すぎるキャリア

セリーヌ・ディオンは、カナダ出身の歌手。アルバムの総売上数は2億5000枚を超え、グラミー賞を5回受賞。女性アーティストとして不動の地位を確立した。プライベートでは、元マネージャーのルネ・アンジェリルと1994年に結婚。3人の子どもに恵まれるも、ルネは2016年に癌のため死去した。昨今では奇抜なファッションに身を包んだ姿がパパラッチされており、ファッションアイコンとしてコレクションにも積極的に参加している。

 

セリーヌ・ディオンのプロフィール

カナダ出身の歌手、セリーヌ・ディオン。
Photo:Getty Images

1968年3月30日、カナダ・ケベック州で生まれたセリーヌ・ディオン。身長は171cm。ミュージシャンの両親のもと、14人兄弟の末っ子として誕生した。両親や兄や姉たちの愛情をたっぷり受けて育ったと言われている。ケベック州の公用語はフランス語だったが、現在では英語も堪能。

 

セリーヌ・ディオンのキャリア

1999年に開催された第41回グラミー賞授賞式では、2冠を達成したセリーヌ・ディオン。
1999年に開催された第41回グラミー賞授賞式にて。Photo:ロイター/アフロ

幼い頃から(後にマネージャー兼夫となる)ルネ・アンジェリルに才能を見いだされていたセリーヌは、12歳でプロとして歌手デビューを果たした。ルネはセリーヌのデビューアルバムをリリースするために資金を調達するなど尽力したと言われている。1980年代は、故郷のカナダ・ケベック州やフランスを中心に歌手活動をスタート。1984年、パリのオランピア劇場で行われたコンサートに最年少で出演。1986年には、「CBSレコードカナダ」と契約した。1987年の8枚目のアルバム『Incognito』がケベック州で大ヒットとなり、音楽関係者にその存在を知られるようになった。

1990年代からは、拠点をLAに移して世界的にデビューを果たす。英語の猛勉強をし、1991年に初の英語アルバム『ユニゾン』を発売。

1995年に発売されたフランス語アルバム『フレンチ・アルバム』がフランス国内で400万枚を超え、歴代最高売上記録となる。この功績により、翌1996年にフランス政府より芸術文化勲章を授与される。

1996年には、アトランタオリンピックの開会式で『パワー・オブ・ザ・ドリーム』を熱唱した。

1999年に開催された第41回グラミー賞授賞式では、『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』が年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞を受賞。また、同年に自身の出産や癌を患っていた夫との時間を大切にしたいとの理由から音楽活動の休止を発表した。

約3年後の2002年、アルバム『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』を引っ提げて活動を再開。2004年1月には、音楽界でのこれまでの功績が認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名が刻まれた。2011年の時点で、シングル&アルバム総売上は2億枚を超えており、ローリング・ストーンズやピンク・フロイドといった大物アーティストと肩を並べるほどの大記録を達成。

セリーヌ・ディオンとルネ・アンジェリル。
セリーヌ・ディオンとルネ・アンジェリル。Photo:Best Image/アフロ

2014年11月に5度目の来日公演が予定されていたが、ルネの看病や家族との時間に専念するため、全公演が中止となった。これに伴い、2015年7月以降にラスベガスで予定されていた公演が無期限中止、アジアツアーの全日程も中止となった。ルネは2016年1月14日に死去した。

2018年6月には、約10年ぶりとなる来日公演が東京ドームで開催された。

 

アルバム一覧

1981/La voix du bon Dieu
1981/Céline Dion chante Noël
1982/Tellement j'ai d'amour...
1983/Les chemins de ma maison
1983/Du soleil au cœur
1983/Chants et contes de Noël
1984/Mélanie
1984/Les plus grands succès de Céline Dion
1984/Les oiseaux du bonheur
1985/C'est pour toi
1985/Céline Dion en concert
1986/Les chansons en or
1987/Incognito
1988/The Best Of Céline Dion
1990/ユニゾン
1991/フランス物語 〜セリーヌ・ディオン,プラモンドンを歌う
1992/セリーヌ・ディオン
1993/ラヴ・ストーリーズ
1994/À l'Olympia
1995/フレンチ・アルバム
1996/フォーリング・イントゥ・ユー
1996/パリ・ライブ
1997/レッツ・トーク・アバウト・ラヴ
1998/愛するだけでよかったら
1998/スペシャル・タイムス
1999/オ・クール・デュ・スタード〜スタジアム・ライヴ〜
1999/ザ・ベリー・ベスト
2000/ザ・スペシャル・ベスト
2002/ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
2003/ワン・ハート
2003/1人の女と4人の男
2004/ア・ニュー・デイ…ライヴ・イン・ラス・ヴェガス
2004/ミラクル 
2005/オン・ヌ・シャンジュ・パ
2007/愛のうた
2007/Taking Chances
2008/コンプリート・ベスト(日本のみ発売)
2008/ULTIMATE BOX(日本のみ発売)

 

シングル一覧

リリース年/作品名

1981/Ce n'était qu'un rêve
1981/La voix du bon Dieu
1982/L'amour viendra
1982/Tellement j'ai d'amour pour toi
1982/D'amour ou d'amitié
1983/Mon ami m'a quittée
1983/Un enfant
1984/Ne me plaignez pas
1984/Une colombe
1984/Mon rêve de toujours
1984/Un amour pour moi
1985/C'est pour toi
1985/C'est pour vivre
1985/Dans la main d'un magicien
1986/La ballade de Michel
1986/Billy
1986/L'univers a besoin d'amour
1986/Fais ce que tu voudras
1987/On traverse un miroir
1987/Incognito
1987/Je ne veux pas
1987/Lolita(trop jeune pour aimer)
1988/Comme un cœur froid
1988/La religieuse
1988/Ne partez pas sans moi
1988/Délivre-moi
1988/Jours de fièvre

1988/D'abord, c'est quoi l'amour
1989/Can't Live with You, Can't Live Without You
1990/エニイ・アザー・ウェイ
1990/ユニゾン・リミックス
1990/哀しみのハートビート
1991/ザ・ラスト・トゥ・ノウ
1991/ハヴ・ア・ハート
1991/響きわたる言葉
1991/愛はここに
1991/美女と野獣
1992/愛は最悪の孤独
1992/イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ
1992/ナッシング・ブロークン・バット・マイ・ハート
1992/ほんとうの愛
1992/ラヴ・キャン・ムーヴ・マウンテンズ
1993/ウォーター・フロム・ザ・ムーン
1993/ジギィ
1993/ディド・ユー・ギヴ・イナフ・ラヴ
1993/めぐり逢えたら 愛のテーマ
1993/プリュ・オー・ク・モワ
1993/パワー・オブ・ラヴ
1994/ラヴ・ライツ・ザ・ワールド
1994/ミスレッド
1994/シンク・トワイス
1994/オンリー・ワン・ロード
1994/コーリング・ユー
1995/愛をふたたび
1995/私は知らない
1995/ネクスト・プレイン・アウト
1995/ジャスト・ウォーク・アウェイ
1995/トゥ・ラヴ・ユー・モア
1995/(ユー・メイク・ミー・フィール・ライク)ア・ナチュラル・ウーマン
1996/運命
1996/バレー
1996/フォーリング・イントゥ・ユー
1996/ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー
1996/貴方について行く
1996/イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ
1996/パワー・オブ・ザ・ドリーム
1996/オール・バイ・マイセルフ
1996/最後に来る者が一番になる
1996/センド・ミー・ア・ラヴァー
1997/私は知らない(ライヴ)
1997/コール・ザ・マン
1997/私は待っていた
1997/メイク・ユー・ハッピー
1997/ドリーミング・オブ・ユー
1997/愛を伝えて〜Tell Him
1997/ビー・ザ・マン
1997/ザ・リーズン
1997/マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
1998/イモータリティ
1998/ホエン・アイ・ニード・ユー
1998/アイ・ヘイト・ユー・ゼン・アイ・ラヴ・ユー
1998/マイルズ・トゥ・ゴー(ビフォー・アイ・スリープ)
1998/イッツ・ハード・トゥ・セイ・グッドバイ
1998/ゾラは微笑む
1998/(ユー・メイク・ミー・フィール・ライク)ア・ナチュラル・ウーマン (ライヴ)
1998/君の友だち
1998/アイム・ユア・エンジェル
1998/愛するだけでよかったら
1999/人は変わらない
1999/ザ・プレイヤー
1999/トリート・ハー・ライク・ア・レディー
1999/彼の足音を待ちながら
1999/別の世界で
1999/ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ
1999/ゼン・ユー・ルック・アット・ミー
2000/リヴ・フォー・ザ・ワン・アイ・ラヴ
2000/ザ・ファースト・タイム・エヴァー・アイ・ソー・ユア・フェイス
2000/アイ・ウォント・ユー・トゥー・ニード・ミー
2000/イフ・ウォールズ・クッド・トーク
2000/ドント・セイヴ・イット・オール・フォー・クリスマス・デイ
2001/ゴッド・ブレス・アメリカ
2001/風に吹かれるままに
2002/ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
2002/アウン・エクシステ・アモール
2002/アイム・アライヴ
2002/グッドバイズ
2002/アット・ラスト
2003/アイ・ドローヴ・オール・ナイト
2003/ワン・ハート
2003/ハヴ・ユー・エヴァー・ビーン・イン・ラヴ
2003/スタンド・バイ・ユア・サイド
2003/男たちの金すべて
2003/フェイス
2003/あなたをまだ愛してる
2004/自然に反する
2004/ユー・アンド・アイ
2004/ビューティフル・ボーイ
2004/ミラクル
2004/私は彼に言うでしょう
2004/わたしのヌヴェル・フランス
2005/イン・サム・スモール・ウェイ
2005/あなたを忘れない
2006/全ての秘密
2006/Tout près du bonheur
2006/I Believe in You
2007/愛のうた
2007/無限
2007/貴重な時間
2007/愛し合った理由
2007/Taking Chances
2008/アイズ・オン・ミー
2008/あなたがいる限り 〜A World to Believe In〜
2008/(愛の)理由
2008/ザ・プレイヤー(ライヴ)
2008/アローン
2008/マイ・ラヴ
2010/ヴォレ
2012/Parler à mon père

 

セリーヌ・ディオンの総資産

2007年1月、米経済誌『フォーブス』が「エンターテイメント界で活躍する女性トップ20」を発表し、セリーヌは総資産303億円で5位にランクインした。また同誌によると、セリーヌは2003年~2007年にLAのシーザーズ・パレス・ホテルの特設コロシアムで「A New Day…」というショーを開催。年間約70回の公演を行い、約383億円を稼いだとか。

 

セリーヌ・ディオンのエピソード

仕事への姿勢は「完璧主義者」

仕事への姿勢は「完璧主義者」だというセリーヌ・ディオン。
Photo:Getty Images

現マネージャー曰く、仕事に対する姿勢が「完璧主義者」だというセリーヌ。アルバムの録音やコンサートはもちろん、デモテープの作成すらも納得するまでリハーサルを重ねるそう。ちなみにコンサートやショーでのバックバンドのメンバーはカナダの人が多数を占めており、1990年代からほぼ同じメンバーで活動しているとか。

>>思わぬサプライズ! セリーヌ・ディオン、一般人の結婚式で圧巻のパフォーマンス

>>セリーヌ・ディオンがカラオケ大会に極秘出演! その動画がSNSで大きな話題に

 

慈善団体に多額の資金を寄付

セリーヌがデビューして間もない頃に、姪カリーヌが病気のために16歳で亡くなったことがきっかけで、嚢胞性線維症の研究に貢献しているチャリティ団体「Cystic Fibrosis Canada」を支援している。1998年には、夫とともに彼女の名に冠した慈善基金「Fondation Celine Dion」を設立し、さまざまな慈善団体に総額約1100万ドル(約12億円)の寄付を行っている。

 

ファッションアイコンとして注目される

近年ではファッションアイコンとしても知られるセリーヌ・ディオン。
Photo:REX/アフロ

2019年7月に行われたパリコレクションに、連日のように駆けつけたセリーヌはランウェイにも引けを取らない12ルックを街なかで披露。ファンに「最高にクール!」と言わせ、今ではファッション業界からも一目置かれる存在に。

>>セリーヌ・ディオン、ランウェイ顔負けのスタイルでパリを席巻! めくるめく12ルックを披露

ファッションの今、ファッションのその先へ

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW