アンダー¥2000の、デキるヤツ

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_1

色々なものがお高くなっています。時勢柄、仕方ないけれどやっぱりお財布は痛い。でも、大丈夫。千円札2枚でお釣りが来る、秋色のコスパ勇者を選抜してみました。

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_2
フジコ 美眉アレンジャー 02 ¥1,650/かならぼ

使い勝手に感動して友人に薦めまくっているダブルエンド型の軸アイテム。これ、コンパスのようにカチカチと折り畳んだり一直線にしたり、はたまたV字型やL字型に変化するんですよ。新作コンシーラー記事でも絶賛されていましたが、間違いありません。

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_3

一方はコンシーラーで、もう片方はアイブロウ。直径2㎜のコンシーラーは共通のナチュラルベージュ、反対側の直径1.5㎜の眉色は3色。私はいちばん濃い02を愛用しています。

 

眉の輪郭はもちろん、内側の欠けた箇所もピンポイントで的を逃さない。柔らかなパウダーテクスチャーなので肌へのストレスもないばかりか、ホホバ種子オイルなど美容成分もたっぷり配合。コンシーラーペンシルで眉の下側のエッジや眉尻をなぞり、コントラストをマーク。指先でぼかせば、まるで自分の眉ではないような、まるで理想の「丁寧な暮らし」を送っている人のような、キリリとした3Dアイブロウの完成です。

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_4

わたくしの密かな悩み、それは人中。東海林さだお先生が描く「おばさん」は、人中が妙に深かったけれど、その理由を日に日に実感しています。でもね、鼻下の一筋のカゲにもこのコンシーラーは使えるんですよ。スーッと、狙い逃さず陰影を消してくれる。フジコさん、またもや機能派名作を作ってくれてありがとう!

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_5
ロング&カールマスカラ N キャロットオレンジ ¥1,650/フ―ミ―

次も1650円。人参色のマスカラです。今月、リニューアルしたばかりのフ―ミ―のマスカラから、高発色のキャロットオレンジを。従来品と比べて、長さとボリュームがパワーアップしました。鮮度が高いこのオレンジ、ブラウンのアイシャドウに心地よい「違和感」を演出してくれるんです。おしゃれ指数を自動的にぐんと底上げしてくれるカロテン色の1本、元気を注入したいときにも効きますよ。

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_6
デザイニングブラウンアイズ BR-9 ¥1,320(編集部調べ)/ケイト 

タイムレスに付き合える4色アイパレット、今選ぶならこのカルテットです。右から2番目のテラコッタオレンジ色が良い仕事、するんです。

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_7

目尻から外側に向かってこのオレンジをぼかすと、目幅がぐーんと広がる印象! かといってドラマティックすぎず、抜け感が演出できるから素晴らしい。オークルのアンダートーンが絶妙だからに違いありません。この値段で発売しちゃうなんて、さすがのケイトです。

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_8
アイカラーペンシル 11 ナイトゴールド ¥1650/オペラ

最後に、金。アンティークの趣がある、いや、もはやわびさびまで感じる、アーティで上品なゴールドです。多彩で繊細なカラーパールが高配合されているので、不思議な奥行き感もお手のもの。肌になじむ温かなツヤを放ちます。描き心地はなめらかで、色飛びはなし。ピタリと密着。スマッジしたい場合は、のせた直後に指先でぼかし込むと、アイシャドウとしても活躍します。ところで先日の中秋の名月、見事でしたね。まさに闇夜に上り始めた満月は、こんな美しい色でした。

アンダー¥2000の、デキるヤツの画像_9

日本のコスメティックスは、やっぱり優秀。プライスの何倍ものの働きをするアンダー2000円の精鋭、ぜひぜひ試してみてほしいです。

エディターIGARASHIプロフィール画像
エディターIGARASHI

おしゃれスナップ、モデル連載コラム、美容専門誌などを経て現職。
趣味は相撲観戦、SPURおやつ部員。

記事一覧を見る