【SKB】深夜のこっそり話

とろけるフレンチを気軽に #深夜のこっそり話 #1321

  • 「フランス レストランウィーク」期間中に登場する一皿、「ブイヤベースの冷製再構築」。鯛、ムール貝、海老などの食材をそれぞれ別に仕込むことで、素材の風味と食感が最大限に活かされる。

  • パンチのあるお肉料理の“箸休め”となるのは、和食にヒントを得たという、かぼすのアクセントが爽やかな大根のマリネ。「仏産ウサギ背肉・太刀魚・パンチェッタのロール、大根、カボスのソース」※9月のコースで終了予定

  • シェフのお母さんが焼いたお皿でスタート。ゲストごとに絵柄が異なるので、お互いのお皿をみせあい、つい会話がはずむ。

  • 白を基調とした、クリーンで温もりのある空間が、“とろけるような柔らかい時間”を演出します。※こちらのお写真はお店提供

エディターYOSHIMURA

エディターYOSHIMURA

食べること、カラダを動かすこと、旅することが大好物のアクティブ派。その反動か、ワードローブは甘め嗜好。花柄アイテム&ワンピースがクローゼットを占拠しています。

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW