イーサン・ホーク、痛恨のミス!? あの大ヒット映画の台本を投げ捨て、出演辞退していた!

1/8
1996年の大ヒット映画『インデペンデンス・デイ』に、主役としてオファーされていたことを明かしたイーサン・ホーク。
2/8
『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)では、主人公の父親を演じた。
3/8
リチャード・リンクレイター監督と初タッグを組んだ『ビフォア』3部作の第1作目『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)』(1995)のときのジュリー・デルピー(48)とイーサン・ホーク。
4/8
イーサンが出演を辞退した『インデペンデンス・デイ』の主役はウィル・スミスが務め、本作はウィルの代表作になった。
5/8
イーサンは、インディペンデント映画の世界で確固たる地位を築いた。
6/8
ベン・スティラー(52)、ウィノナ・ライダー(46)とイーサン。『リアリティ・バイツ』(1994)撮影時のもの。Photo:Instagram(@ethanhawke)
7/8
ユマ・サーマン(48)との間にもうけた長女、マヤ(20)と。マヤはNetflixのドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン3に出演予定。Photo:Instagram(@ethanhawke)
8/8
今年5月には、主演映画『ファースト・リフォームド(原題)』が全米公開された。Photo:Instagram(@ethanhawke)