CULTURE&LIFESTYLE FEATURE

2016.08.28

ENTER

メキシコの画家フリーダ・カーロの遺品が、封印されていた博物館のバスルームから取り出されたのは死後50年を経た2004年。遺品を撮影した石内都と、石内の『ひろしま』に影響を受けた作家の朝吹真理子。ふたりが語るフリーダ、衣服、そして時間──
photography:Mie Morimoto(portrait) edit:Akane Watanuki

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連特集

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW