FASHION FEATURE

噂のニューカマーからデイリートレンドまで。答えはバイヤーが知っている

甘さの中にセンシュアルな一面をプラス

  • 2018年春夏のランウェイでトレンドに上がったフェザーが引き続き気になるという曽根さん。「リアルに着るには服だとゴージャスすぎるから、小物で取り入れたい。状態のいいヴィンテージを探すのは難しいので、新品を」。フェザーバッグ〈H14×W21.5×D1〉¥27,000(モイナ)/エディット フォー ルル

  • マチュアな女性こそ楽しむことができる、胸元を大胆に露出したトップス。「落ち着いたネイビーを基調に、インに鮮やかな色のスリップドレスやブラトップなどをさらりと挟み込むのが今の気分ですね」。トップス¥37,000(マリアム ナッシアー ザデー)/エディット フォー ルル

  • 超ロングタイプのグローブで新たなバランスに挑戦。「たとえばニットやレザーの半袖トップスと合わせて。これまでしたことのないようなセンシュアルな遊び心のあるスタイリングや、フェティッシュなニュアンスを推奨していきたい」。カシミアグローブ¥20,000(ベースレンジ)/エディット フォー ルル

  • ショップで人気という落ち感が美しいスカートを、秋冬はマキシドレスにして提案。「ノースリーブで、背中も大胆にカッティングされているけど、大人は思い切って一枚で着てほしい。その上にジャケットを羽織るスタイルを」。ドレス¥30,000(abc LULU)/エディット フォー ルル

  • スタッズを打ち込んだショート丈のヴィンテージライクな一着。「秋冬でもレースやシルクのような軽い素材が気になっていて。そうしたアイテムに相反する堅牢なジャケットを合わせたい」。スエードジャケット(参考商品)(abc LULU)/エディット フォー ルル

  • 「エディット フォー ルルにとって重要なファクターであるバレエ。本場のバレリーナたちに出会うと、しなやかな見た目とは裏腹に芯の通った強いマインドに驚かされるんです。彼女たちの内面の強さが感じられる一冊」。『Ballet』Henly Lautwyler著 ¥11,200/POST

  • NYのランジェリーブランドよりピックアップ。大人の色気を醸し出す強めのピンクが今季理想とする女性像を表現している。「たとえ普段着ない色みであっても、まずは下着から挑戦してみるとだんだん自分になじんできます」。ブラ¥12,700・ショーツ¥8,100(ともにアラクス)/エディット フォー ルル

  • 「胸元の開いた服を多く買いつけているので、長さの異なるペンダントを重ねづけするのも提案したいスタイルのひとつ」。薔薇モチーフをあしらったシルバーのコインペンダント。90年代風に幾重にも連ねて。ペンダント¥16,000(ウルフ サーカス)/エディット フォー ルル

  • 「ニナ リッチのローファーは、春夏からルックやインスタグラムで見て気になって。パリではすぐ店頭に並んでいたので同じものを 早々にゲットしました」。かかとを踏んでラフに履くことも可能。靴〈ヒール3.5㎝〉¥84,000(ニナ リッチ)/エディット フォー ルル

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW