乗松美奈子の 「ミナコラム」

おめでとう!2018年LVMH賞グランプリは日本のダブレットに

  • 審査員団に囲まれた受賞者たち。エマ・ストーンの右が井野将之、その右がロック・フアン、一番右がジェイデン・スミス。Photo ©Benoit_Peverelli

  • ダブレットのラックと、モデルたち。夕焼けをプリントしたPVCショートパンツや、Choose Sizeと記したオーバーサイズのアイテムが象徴的。photo : Minako Norimatsu

  • 左手が、水を注ぐと形になるダブレットのカップラーメンTシャツ。湯沸かしポットを添えたところも、井野氏のユーモア?(ワイングラスは作品とは関係ありません)photo : Minako Norimatsu

  • 特別賞に輝いたロックのロック・フアン(Rok Hwang・左から2番目)はアメリカ育ち、ロンドン在住の韓国人。セントラル・セントマーチンズに学び、セリーヌやルイ ヴィトンで経験を積んだ。photo : Minako Norimatsu

  • ロックのアイコニックなバッグ。ちょうどiPadがおさまるサイズのポーチは、取り外し可能。ブリティッシュな素材や色も、服とコーディネートさせて photo : Minako Norimatsu

  • ファイナリスト9ブランドから、イエールのフェスティバルではグランプリを獲得したボターのルシェミー・ボター(Rushemy Botter・前列左)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh・前列右)photo : Minako Norimatsu

  • ファイナリスト9ブランドから私が密かに応援していたのは、アメリカのスポーティ・ウエアをモダンに解釈したコレクションが好評のマシュー・アダムス・ドラン(Matthew Adams Dolan・右から2番目)。日本に住んだことのある本人も、チャーミング!photo : Minako Norimatsu

  • ファイナリスト9ブランドから。アントワープのロイヤル・アカデミーに学んだデュオ、レア・ディックリー(Léa Dickely・左)とハン・ラー(Hung La・右)によるカイダン・エディションズも、注目株。photo : Minako Norimatsu

  • ファイナリスト9ブランドから。ゲイ・カルチャーをモードに昇華させたニュースなデザイナー、チャールズ・ジェフリー(Charles Jeffrey・左)によるチャールズ・ジェフリー・ラバーボーイ。 photo : Minako Norimatsu

  • ファイナリスト9ブランドから、ルドヴィック・ドゥ・サン・セルナン(Ludovic de Saint Sernin)。シュールな世界観と手仕事を生かした作品が魅力のコレクションは、ジェンダーレス。 photo : Minako Norimatsu

  • ファイナリスト9ブランドから、ア・コールド・ウォール。アーティなストリートウエアでロンドンを沸かせるデザイナーのサミュエル・ロス(Samuel Ross・右から2番目)は、ヴァージル・アブローの弟分 photo : Minako Norimatsu

  • ファイナリスト9ブランドより。ニューヨークからはゾーイ・ラッタ(Zoe Latta)とマイク・エクハウス(Mike Eckhaus)のエコーズ ラッタが、最近のコレクションのベストを選りすぐって参加。 photo : Minako Norimatsu

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

Tags

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW