乗松美奈子の 「ミナコラム」

遊びながらシルクのスカーフについて学ぶ、エルメス カレ・クラブ

  • 右 : 各ブースに展示されたカレの絵柄にまつわる逸話がきける、「カレ・ストーリーズ」。 photo : Christophe Coënon 左:私が頭に巻いているのは、自前のヴィンテージ。’70年代のエルメスのロゴHがプリントされている。

  • 右: フランス語でカレ(Carré)は四角。他にスクエア(実直)の意味もあり、派生語カレモン(Carrément)は、“まさしく”。左:会場の受付、「カレ・チェック」photos : Christophe Coënon

  • カレの巻き方体験ができる「カレ・カット」。巻き方はターバン風からヘアバンドまで、イラストのメニューから選べる。photo : Minako Norimatsu

  • 限定版も含めたカレのセレクションがひしめく期間限定ストア「カレ・マニア」。ネオンでしつらえた壁の模様もカレ(四角)、と徹底したコンセプト。photo : Minako Norimatsu

  • 「カレ・スタジオ」の11人のデザイナーの中でも最もユニークだったのが、オクターヴ・マルサルとテオ・デ・グエルツのデュオによる、自ら開発した製図機の展示。photos : Christophe Coënon

  • 「カレ・スタジオ」にて。リズ・スターリングはカレを製作ではなく、逆に解体することによる遊びを提案。カレを貼った紙を切り抜いて動物や人形を組み立てるブースには、子供たちが集まった。photos : Minako Norimatsu

  • メンズのカレのデザインをモザイク状にプリントしたスケートパーク。エルメスではスケートボードのスペシャルオーダーも作っていて、スケーター・フレンドリー。photos : Christophe Coënon

  • 右:入口のすぐ脇にある円形の仮説写真館「カレ・クリック」。Photo : Minako Norimatsu 左:カラオケならぬ「カレ・オケ」ボックス。スタッフのカレ・ジャンプスーツに注目!photo : Christophe Coënon

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW