BEAUTY FEATURE

2019.03.17

ENTER

重力に負けない顔だちをつくり、肌のくすみは深みに変換。エイジングに無理に抗う"若作り"ではなく、今ある素材を生かして"若返り"。マッサージ、肌&パーツのメイクアップの合わせ技で、-5歳を目指して!

ヘアメイクアップアーティスト
小田切ヒロ

「ファッショニスタのための若返りのポイントは、『ひたすらエイジングサインを覆い隠すこと』ではありません。ファッションを含め全体のバランスを考えたとき、顔がその雰囲気に溶け込んでいて、かつ若々しくフレッシュに見えることが目標です。そのためには、素のままの自分を生かしながら、疲れて不幸に見えるサインは消し去る、抜け感×カバーのバランス感覚が重要に。特に覚えたいのが、抜きどころ。ファンデーションを省いてみたり、目もとのくすみとアイシャドウの融合を楽しんだりなど、ほどよくエイジングに寄り添う余裕が出てくると、シミやシワさえポジティブな印象に見えてきますよ」
PROFILE
LA DONNA所属。自らの経験やサロンワークで生み出された驚きのテクニックを披露。自身も年齢不詳な若々しさ

SOURCE:SPUR 2019年4月号「小田切ヒロの『5分で-5歳は簡単よ♥』」
photography: Yasuhisa Kikuchi 〈vale.〉(model),Masayuki Arakawa(products) make-up: Hiro Odagiri 〈LA DONNA〉 hair: Keita Iijima 〈mod’s hair〉 styling: Michie Suzuki model: Ita text: Kozue Mabuni

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連特集

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW