CULTURE&LIFESTYLE FEATURE

ジャーナリスト佐藤友紀presents 2016年はシネマで“奇妙な冒険”を!

ベルギー発の新型色男 マティアス・スーナールツ

映画ファンに気づかれたときはすでに30代半ばというのもかえっていいかも。大人の男の色気を出しつつ可能性も∞


©AFLO

Matthias Schoenaerts/マティアス・スーナールツ
父出演の舞台で子役としてキャリアをスタート。15歳でアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作『神父ダーンス』(’92)で映画デビュー。『ブラックブック』(’06)をきっかけにヨーロッパで注目され、『君と歩く世界』(’12)でセザール賞有望若手男優賞を受賞。

「役者だからもちろんさまざまな役を演じられるのは楽しいけど、SFやアクションものとはあまり縁がないから、幅は広くないのかもしれないな(笑)」

昨年9月のベネチア映画祭で『リリーのすべて』と『A Bigger Splash』のまったくテイストの違う出演作がコンペ部門に出品されたマティアス・スーナールツ。でも、この日が来るのはマリオン・コティヤールと共演した『君と歩く世界』が紹介されたカンヌ映画祭のときから予想されていた。映画の中では野卑な流れ者を演じていたのに、パシッとしたスーツ姿で記者会見に登場した彼。背は高いわ、フランス語だけでなく英語もイタリア語もペラペラだわ、で、アメリカ在住のジャーナリストに「早晩ハリウッドに狙われるのは間違いない!」と言われていたのだ。

エディ・レッドメインが世界初の性別違和である決断をする男を演じた『リリーのすべて』では知的なノーブルさが光る。一方実年齢では20歳ぐらい上のティルダ・スウィントンの恋人となり、小悪魔のようなダコタ・ジョンソンとも火遊びの〝気配〟を感じさせる『A Bigger Splash』の役どころのセクシーさといったら! ところどころ穴が開いた洗いざらしのTシャツに、ハーフパンツから伸びでた長〜い脚がワイルドで、ずっとスクリーンに目が釘づけになってしまう。

『ライオン・キング』の演出家ジュリー・テイモアが、新作映画でマティアスを主演に起用しようとしたら、プロデューサーに「まだ無名だろ」と反対されたと怒っていたが、トム・ハーディの例を挙げるまでもなく、今や私たちの目のほうが早くて確実なのは明らか。彼、もっとビッグになるぞぉ!

SPUR2016年3月号掲載
>>電子書籍でもご覧いただけます

↓↓出演作、続々!

Tags

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW