【SKB】深夜のこっそり話

デュアルステイで楽しむ宮古島 #深夜のこっそり話 #1184

  • 「HOTEL LOCUS」のすぐ近くにある、パイナガマビーチ。朝昼夕と、気の赴くままに散歩するのに最適。

  • シンプルでモダンな、「HOTEL LOCUS」の外観。

  • テレビは壁掛け、壁を活かした掛ける収納など、部屋のサイズはコンパクトながら圧迫感がないのがうれしい。家具はウッドベースのハンドクラフト感のあるもので温もりも。

  • 部屋から望む平良港のサンセットビュー。ビーチとは異なる、宮古島のもうひとつの海の表情が見られます。

  • レンタルできる自転車は、電動、クロスバイク、ミニベロ、シティサイクルとバリエーション豊富。

  • 宮古島の絶景スポットのひとつである伊良部大橋。エメラルドグリーンの海の上を駆け抜ける開放感は格別。

  • 朝食と昼食は、ホテル内にあるレストラン「LOCUS TABLE」で。海風感じる心地よい空間で、その日の旅のプランを気ままに組むのも◎。

  • ランチ限定のパエリア。宮古島で漁師をしているスタッフがいて、素潜りで獲ってきた魚介を使用しているとか。

  • 大自然のなかに佇む、「the rescape(ザ・リスケープ)」。

  • 部屋はヴィラスタイル。ゆったりとしたリビング、大きめの窓、広くて過ごしやすいシーティングエリアは、お籠もりするのに最適。全室プライベートプール付き。

  • 館内にもくつろげる場所が至るところに。

  • 宮古島の海をイメージしたデザインのファブリックが部屋のアクセントに。

  • ゴーヤや島にんじんなど、島の食材を使ったワンプレート朝食が評判。

  • ロビーの奥にはオリジナルバスソルト作りコーナーが。お好みの塩、ドライハーブ、アロマエッセンスを調合して、部屋に持ち帰ることができる。滞在中、何度でも利用OKなので、いろんな香りを作り比べてみては。

  • ホテルのバーでは、泡盛や島のハーブやフルーツをアレンジしたカクテルが人気。写真は、月桃ウォッカ。これを使ったモスコミュールが人気だそう。

エディターYOSHIMURA

エディターYOSHIMURA

食べること、カラダを動かすこと、旅することが大好物のアクティブ派。その反動か、ワードローブは甘め嗜好。花柄アイテム&ワンピースがクローゼットを占拠しています。

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW